ヤマベウキの作り方

このエントリーをはてなブックマークに追加


ヤマベ用発泡ウキ(by T.Sakon)の作り方を、写真中心に紹介します。
自己流なので、もっと簡単でいい作り方があったら教えて下さい。
私は50本作るのに2週間程度かかります。

材料は発泡スチロールのレンガブロック

材料の発泡スチロール(レンガ状のもの)  ⇒他にもう少し密な発泡素材もある。この素材はもろくて作りにくいが、密度は非常に小さいので、小さく浮力のある感度のよいウキができる。

ミニウッドレース

小型木工旋盤(ミニウッドレース)にドリルチャックをつけたもの

プロクソンのミニ旋盤

★私の使っている旋盤は プロクソンのもの
http://www.kiso-proxxon.co.jp/

無段変速の電動ドリルも使える

切削用のカミソリの刃とサンドペーパー

切削用には安全カミソリの刃、サンドペーパー400番~1000番を使用

軸受けには木材に0.6㍉の穴をあけて使用

縫い針 太さ0.56㍉、長さ54.5㍉


発泡剤をカット

①発泡素材をおよそ40㍉×10㍉×10㍉の直方体に ナイフでカットし、縫い針を センター付近に通し、カミソ リの刃で八角柱程度に角を取る

チャックとセロテープで素材を固定

②縫い針をチャックに固定し、セロテープで発泡素材をチャッ クに固定

削り作業

③2000rpm程度で回転させなが ら、カミソリの刃、サンドペー パーで削っていく

だんだんウキの形に

④セロテープで止めた部分を残してほぼウキの形ができあがる

胴体完成

⑤最後にセロテープで止めた部分を削り落として胴体部分の完成

水性塗料

⑥水性絵の具→黒・蛍光イエロー・蛍光オレンジを用意  ⇒油性の蛍光塗料を使う場合は、発泡剤が溶けるので、あらかじめ発泡クリアなどの下塗りが必要になる。その分重くなるので、私は直接発泡剤に塗れる水性塗料を使う。

着色作業

⑦450rpm(低回転)で回しながら着色

乾燥

⑧縫い針を刺したまま乾燥させる

芯材を着色・乾燥

⑨別に、芯材のソリッド(0.4φ)を約9㌢に切って、ウレタンチュー ブ(0.4φ)を2ヶ所に装着し、着色・乾燥させる

胴体に芯材を通して接着・乾燥

⑩胴体にソリッド芯材を通し、接着する(2液混合タイプのエポキシ接 着剤・30分硬化型を使用。瞬間接 着剤など、接着剤によっては、発泡 材を溶かすものもあるので注意。)

発泡ボンド

⑪発泡ボンド、発泡クリヤーなどで表面をコーティングする ⇒接着剤も厚くするほど 重くなるので、何度もコーティングしない。

オモリ負荷を計る

⑫オモリ負荷テスト中。2ℓ用のペットボトル(透明)の上部を切って使う。

オモリ負荷の書き込み

⑬オモリ負荷をマジックで書き込む。ウキの表面をコーティングしているので、油性マジックを使う。

完成

⑭完成!!!

できあがりサイズはトップ部分 25㍉前後、胴体部分長さ30㍉ 前後、太さ5~6φ程度、足は25㍉前後
(左端は小ブナ・タナゴ用のウキ)